アイピル通販で後悔しない生活を

泣く女性「やってしまった!」なんていう失敗は誰もが一度は経験があることでしょう。

多くの場合、そうした失敗はその後の行動や対応でどうにかできるもの。

しかし、どうにも対処できないケースもあります。

例えば、避妊。

 

セックス後に、コンドームが破れていることに気づいた場合。

できるだけ早く緊急避妊を行う必要があります。

出なければ、堕胎手術などが必要になり精神的にも肉体的にも負担が大きくなってしまいます。

そうしたことにならないように、事前に避妊を心がけるわけです。

しかし、そうした避妊についての知識が乏しい場合や避妊を意識していてもその方法が間違ってしまっていた場合、妊娠してしまうリスクというのは当然高くなるわけです。

 

そうした避妊に失敗してしまった場合の最後の手段となっている、緊急避妊。

アイピルをはじめとしたアフターピルについての知識を持っておけば、最悪の事態に陥ったとしても、最後の手段で避妊を行える可能性がグンと高まります。

 

特に、今は通販(個人輸入)を利用することでアイピルも簡単に手に入れることができるようになっているので、お守り代わりに常に持っているという人もいます。

最悪の状況に陥ってからの対処は手遅れになるケースは少なくありません。

ですから、そうした事態に備えて最後の手段をもって、避妊を心がけるようにしましょう。

 

通販で購入できるアイピルを使う事でどうして避妊ができるのか?

アイピルなどの緊急避妊薬を使う事によっておこるのが

・排卵の抑制

・受精卵が子宮内膜へ着床することを抑制

この二つ。

排卵がまだの場合、排卵を抑制することで受精することを阻止することができ、

排卵後の場合は、受精卵が子宮内膜に着床しないようにするため、妊娠を避けられるのです。

 

こうした作用は、アイピルなどのアフターピルと低用量ピルで変わりはありません。

 

 

アイピルは望まない妊娠を避けるためにも

妊婦さんアイピルで防げる望まない妊娠。

この、望まない妊娠の中にも種類があるのです。

冒頭でも上げたように、カップルや夫婦が計画的に避妊をしていても失敗してしまうというケースを多くの人は想像するでしょう。

しかし、婦女暴行といった性犯罪によって、妊娠してしまうというリスクはゼロではありません。

そうした場合、発見が遅れたり緊急避妊が遅れてしまうと堕胎手術をしなければならなくなってしまうなんてこともあります。

 

ただでさえ辛い思いをした挙句に、更に辛い思いをすることになっては目も当てられません。

1錠アイピルを持っておくだけでも、そうした最悪の事態を避けることが可能になるので自分の身を守るために常備しておくのは非常に重要だと言えるでしょう。

 

アイピルを通販で購入するためには?

アイピルなどの緊急避妊薬は日本では病院で処方してもらうしか手に入れる方法はありません。

 

海外の中には、アイピルや低用量ピルがOTC(一般医薬品)として薬局などで販売されているため、ピルを用いた避妊法は一般的になっています。

しかし、日本ではアイピルと低用量ピル共に医師からの処方が必要な医療用医薬品となっています。

そのため、避妊の選択肢がコンドームや基礎体温法といった避妊率がそこまで高くない方法しか手軽に選択できません。

 

しかし、ネットが普及した現在は医師からの処方が無くてもアイピルや低用量ピルを手に入れることが可能になっています。

 

アイピルを処方が無くても手に入れられる方法って?

アイピルを手に入れる方法は、医師から処方してもらう方法の他に通販があります。

この通販を利用してアイピルを手に入れる方法であれば、処方箋を必要とせずに手に入れることが可能です。

 

アイピルを通販で手に入れることは問題ないの?

スマホを使う女性本来、処方箋が必要になる医療用医薬品を通販で手に入れるという事は違法になりそうと感じる人はいるでしょう。

実際、医療用医薬品を通販や対面で売買することは違法です。

そのため、通販でアイピルを手に入れるのは違法と思われるでしょう。

しかし、違法ではないのです。

現在、インターネットを使って検索して出てくるアイピルの通販サイトは非常に多いですが、これらすべてが違法であるというワケではないのです。

多くの通販サイトは、本当は通販ではなく個人輸入を代行するサービスを行っています。

個人輸入とは、読んで字のごとく個人で海外から医薬品を輸入するという事。

日本では、医療用医薬品を処方箋なしで売買するのは違法ですが、個人が海外から個人使用を目的として輸入することは禁止されていません。

 

これが禁止されてしまえば、日本で承認されていない医薬品以外使う事ができなくなってしまうので、当然といえば当然でしょう。

しかし、この個人輸入はしたくても出来ないという人が非常に多かったのです。

非常に便利で事後避妊ができる唯一の方法なのに、個人輸入を利用しなかった最大の理由は、輸入を行う上で立ちはだかるいくつもの壁があるためです。

 

その中でも特に大きな壁となっているのが言葉の壁です。

日本語でのやりとりなら誰もができるでしょうが、英語をはじめとした外国語を自在に操れる人というのは限られています。

特に、ジェネリック医薬品の製造が盛んな国であるインドは英語でのやりとりも可能ではありますが、基本は公用語であるヒンディー語がメインとなります。

更に、インドではヒンディー語以外にも18にも及ぶ州公用語があるのです。

そのため、個人輸入を知っていても、実際に行う事ができないという人は少なくありませんでした。

また、そもそも個人輸入ができるという事自体知らなかったという人も少なくありません。

 

インターネットなどが普及して有益な情報が昔に比べて簡単に手に入れられるようになっている現代だからこそ、一般的に使われるようになっている手法と言えます。

 

この個人輸入の面倒で難しい部分を全て代行してくれるのが、個人輸入の代行業者というワケです。

そのため、利用者は通販サイトを利用するのと同じような方法で、簡単に個人輸入を行えます。

立ちはだかる様々な壁は、代行業者が間に入ってくれることによって全て任せることができます。

そのため、現地語が分からなくても個人輸入が可能となっているわけです。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

 

アイピルの購入はこちらから