アイピルを病院で処方してもらう場合のデメリットやメリットは?

医薬品の研究ここでは、アイピルを通販ではなく病院で処方してもらう場合のデメリットやメリットについて紹介していきます。

通販を利用してアイピルを手に入れるのか、病院で処方してもらうのかどちらの方が自分に合っているのか?それを判断するためにも是非一度目を通した上で自分に合った方法を選択するようにしましょう。

 

病院で処方してもらう場合のデメリット

アイピルを病院で処方してもらう場合のデメリットは

・保険が使えないため料金が高い

・病院に足を運ぶ必要がある

・人目が気になってしまう場合がある

 

といったデメリットがあります。

金銭負担のイメージ手に入れるために手間がかかる上に、価格もバカになりません。

病院で処方してもらう場合だと、保険が適用されずアイピル1錠で1万円程度の費用が必要になることも。

とはいえ、それを支払うことができなければ妊娠してしまうと考えると背に腹は代えられない状況なので、払う以外の選択肢を取れないという現実もあります。

また、保険が適用されない自由診療は病院が自由に価格を設定することができるので、アイピルを処方してもらう病院によって価格が高くなったり低くなったりします。

 

 

病院で処方してもらう場合のメリット

・すぐに処方してもらえる

・用法用量を専門家に教えてもらえる

・飲み合わせが悪い薬を飲んでいないか、自分が飲んでも大丈夫か判断してもらえる

 

アイピルを病院で処方してもらう場合のメリットは、すぐに手に入れることができる。

そして、用法用量や飲み合わせの不安を解消できるという点につきます。

通販を利用して手に入れる場合は、2週間以上の期間が必要になるため急に必要な時には使えません。

しかし、病院であればその日のうちに処方してもらう事が出来るようになっているので、アイピルを持っていないときに避妊に失敗してしまった場合は、病院を使う以外に緊急避妊を行う方法はないといえます。

 

このように、病院を使う場合と通販を使う場合でそれぞれにデメリットやメリットがあるので、どちらを利用すべきなのかをよく考えた上で利用するようにしましょう。

初めてアイピルを利用するという場合は、病院で処方してもらい2回目以降は通販を利用するというのが一般的だと言えます。

最初は病院でキチンと飲み合わせや用法用量を教えてもらって使い、用法用量などを適切に把握したら通販で安く購入して備えておく。

そうすれば、通販と病院のデメリットを打ち消しあう事が出来るようになります。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

 

アイピルの購入はこちらから