アイピル通販を利用するデメリットやメリットを知ろう!

望まない妊娠を避けるためにアイピルをもっておきたい。

中でも、通販を利用して手に入れようと考えた場合のメリットやデメリットについて紹介していきます。

 

アイピル通販を利用する上でのデメリット

・用法用量などは自分で調べる必要がある

・使用は全て自己責任となる

・アイピルが手元に届くまでに時間がかかる

・粗悪品などが届く可能性がある

 

先ずは、通販を利用する上でのデメリットを見ていきましょう。

通販を利用する上で、最も怖いのはやはり粗悪品が届いてしまう可能性があるという事。

その可能性はこうした医薬品の個人輸入代行サービスが登場した当初は非常に多かったのですが、今では非常に稀になってきています。

しかし、完全にゼロになっているわけではないので気を付ける必要があります。

現在では安心して利用できる通販サイトも多くなっているので、利用者の口コミ情報などを参考にすれば、安心して利用できる通販サイト選びも容易になっています。

 

アイピルの使い方を自分で調べる必要がある

調べる女性それ以外のデメリットとしては、使用が自己責任であり用法用量などに関しても全て自分で調べる必要があるという事。

アイピルに限らず医薬品の中には、併用禁忌とよばれる飲み合わせの悪い薬があったりします。

また、持病や生活習慣などを理由として服用が禁止されるケースもあります。

そうしたことの判断を全て自分で行う必要があります。

ただ、こうした飲み合わせや用法用量などに関しては、病院で一度でも処方してもらう事ができていれば簡単にクリアすることができるので、そうした対処法をされている人も少なくありません。

 

通販はアイピルが届くまでに時間がかかる!

配送のイメージそれ以外にも、届くまでに時間がかかるという事も覚えておく必要があります。

特に、アイピルなどの緊急避妊薬は避妊に失敗してからできるだけ早く服用することが推奨されています。

早く服用すればするほど避妊率が高まり、服用が遅れれば遅れるほど避妊率は下がります。

個人輸入は海外からの輸入になるので、注文から手元に届くまでに最低でも2週間は必要になったりします。

そのため、避妊に失敗してしまった!とおもって、通販を利用して注文しても手元に届くまでに2週間必要になるので、届いてからアイピルでは到底間に合わないのです。

そのため、アイピルは前もって注文しておいて常にお守り代わりに持っておくことが重要です。

 

アイピル通販を利用する上でのメリット

アイピルを通販で購入する上でのメリットとしては、

・安い価格で手に入れることができる

・誰にもバレずに手に入れることができる

・自宅や外出先などどこからでも利用できる

・まとめ買いができる

 

などがあります。

多数のデメリットがある一方で、メリットも多くあります。

一番のメリットと言えるのは、やはり価格と手に入れやすさでしょう。

婦人科に足を運ばずに手に入れることができるので、人目を気にすること無く手にすることができますし、お仕事をされているような女性の場合、欲しいと思っても診察時間の関係で中々処方してもらいに行けないというケースもあります。

しかし、通販を利用した場合、スマホがあればいつでもどこからでも注文が可能です。

安さと利便性で見ると、通販で手に入れる方法に勝るものはありません。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから