アイピル通販を利用するデメリットやメリットを知ろう!

望まない妊娠を避けるためにアイピルをもっておきたい。

中でも、通販を利用して手に入れようと考えた場合のメリットやデメリットについて紹介していきます。

 

アイピル通販を利用する上でのデメリット

・用法用量などは自分で調べる必要がある

・使用は全て自己責任となる

・アイピルが手元に届くまでに時間がかかる

・粗悪品などが届く可能性がある

 

先ずは、通販を利用する上でのデメリットを見ていきましょう。

通販を利用する上で、最も怖いのはやはり粗悪品が届いてしまう可能性があるという事。

その可能性はこうした医薬品の個人輸入代行サービスが登場した当初は非常に多かったのですが、今では非常に稀になってきています。

しかし、完全にゼロになっているわけではないので気を付ける必要があります。

現在では安心して利用できる通販サイトも多くなっているので、利用者の口コミ情報などを参考にすれば、安心して利用できる通販サイト選びも容易になっています。

 

アイピルの使い方を自分で調べる必要がある

調べる女性それ以外のデメリットとしては、使用が自己責任であり用法用量などに関しても全て自分で調べる必要があるという事。

アイピルに限らず医薬品の中には、併用禁忌とよばれる飲み合わせの悪い薬があったりします。

また、持病や生活習慣などを理由として服用が禁止されるケースもあります。

そうしたことの判断を全て自分で行う必要があります。

ただ、こうした飲み合わせや用法用量などに関しては、病院で一度でも処方してもらう事ができていれば簡単にクリアすることができるので、そうした対処法をされている人も少なくありません。

 

通販はアイピルが届くまでに時間がかかる!

配送のイメージそれ以外にも、届くまでに時間がかかるという事も覚えておく必要があります。

特に、アイピルなどの緊急避妊薬は避妊に失敗してからできるだけ早く服用することが推奨されています。

早く服用すればするほど避妊率が高まり、服用が遅れれば遅れるほど避妊率は下がります。

個人輸入は海外からの輸入になるので、注文から手元に届くまでに最低でも2週間は必要になったりします。

そのため、避妊に失敗してしまった!とおもって、通販を利用して注文しても手元に届くまでに2週間必要になるので、届いてからアイピルでは到底間に合わないのです。

そのため、アイピルは前もって注文しておいて常にお守り代わりに持っておくことが重要です。

 

アイピル通販を利用する上でのメリット

アイピルを通販で購入する上でのメリットとしては、

・安い価格で手に入れることができる

・誰にもバレずに手に入れることができる

・自宅や外出先などどこからでも利用できる

・まとめ買いができる

 

などがあります。

多数のデメリットがある一方で、メリットも多くあります。

一番のメリットと言えるのは、やはり価格と手に入れやすさでしょう。

婦人科に足を運ばずに手に入れることができるので、人目を気にすること無く手にすることができますし、お仕事をされているような女性の場合、欲しいと思っても診察時間の関係で中々処方してもらいに行けないというケースもあります。

しかし、通販を利用した場合、スマホがあればいつでもどこからでも注文が可能です。

安さと利便性で見ると、通販で手に入れる方法に勝るものはありません。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから

 

アイピルを病院で処方してもらう場合のデメリットやメリットは?

医薬品の研究ここでは、アイピルを通販ではなく病院で処方してもらう場合のデメリットやメリットについて紹介していきます。

通販を利用してアイピルを手に入れるのか、病院で処方してもらうのかどちらの方が自分に合っているのか?それを判断するためにも是非一度目を通した上で自分に合った方法を選択するようにしましょう。

 

病院で処方してもらう場合のデメリット

アイピルを病院で処方してもらう場合のデメリットは

・保険が使えないため料金が高い

・病院に足を運ぶ必要がある

・人目が気になってしまう場合がある

 

といったデメリットがあります。

金銭負担のイメージ手に入れるために手間がかかる上に、価格もバカになりません。

病院で処方してもらう場合だと、保険が適用されずアイピル1錠で1万円程度の費用が必要になることも。

とはいえ、それを支払うことができなければ妊娠してしまうと考えると背に腹は代えられない状況なので、払う以外の選択肢を取れないという現実もあります。

また、保険が適用されない自由診療は病院が自由に価格を設定することができるので、アイピルを処方してもらう病院によって価格が高くなったり低くなったりします。

 

 

病院で処方してもらう場合のメリット

・すぐに処方してもらえる

・用法用量を専門家に教えてもらえる

・飲み合わせが悪い薬を飲んでいないか、自分が飲んでも大丈夫か判断してもらえる

 

アイピルを病院で処方してもらう場合のメリットは、すぐに手に入れることができる。

そして、用法用量や飲み合わせの不安を解消できるという点につきます。

通販を利用して手に入れる場合は、2週間以上の期間が必要になるため急に必要な時には使えません。

しかし、病院であればその日のうちに処方してもらう事が出来るようになっているので、アイピルを持っていないときに避妊に失敗してしまった場合は、病院を使う以外に緊急避妊を行う方法はないといえます。

 

このように、病院を使う場合と通販を使う場合でそれぞれにデメリットやメリットがあるので、どちらを利用すべきなのかをよく考えた上で利用するようにしましょう。

初めてアイピルを利用するという場合は、病院で処方してもらい2回目以降は通販を利用するというのが一般的だと言えます。

最初は病院でキチンと飲み合わせや用法用量を教えてもらって使い、用法用量などを適切に把握したら通販で安く購入して備えておく。

そうすれば、通販と病院のデメリットを打ち消しあう事が出来るようになります。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

 

アイピルの購入はこちらから

アイピルと低用量ピルの違いって?

アイピルと低用量ピルで効果自体は同じなら、わざわざアイピルを使わずに低用量ピルを使って避妊をすればいいのでは?

そんな風にも考えられます。

 

低用量ピルしかし、低用量ピルを用いて緊急避妊を行う事はできません。その理由となっているのが、アイピルと低用量ピルの違いにあります。

その違いというのが成分量の違いです。

低用量ピルは配合されている成分量が少なく、徐々に体のホルモンバランスを変化させて妊娠しない状態へと移行させていきます。

そのため、一定期間毎日ピルを服用した後に休薬期間と呼ばれるピルを飲まない期間を設けた後、ピルの継続服用を再開するといったことが必要になります。

 

毎日、ピルを飲んでいる時は問題ありませんが、間に休薬期間が入ることによってピルを服用する習慣を忘れてしまい、ピル服用の再開自体を忘れてしまうといったケースもあります。

そうした場合は、改めてピルを服用し始めて一定期間避妊効果が無い状態が続くようになるので注意が必要です。

低用量ピルの購入はこちら

さまざまな低用量ピル通販でも購入できる低用量ピルは、忘れることなく毎日飲み続ける必要があります。
ですが、アイピルに比べると副作用のリスクなどは小さくなるので、普段から低用量ピルを飲むようにして避妊を行うといったことも可能です。

特に、低用量ピルを用いた避妊は海外では当たり前のように行われており、全く避妊に使われていない日本は

避妊に対する意識が諸外国に比べると弱いといえる状況になっています。

今では、様々な種類の低用量ピルが登場しているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

低用量ピルの購入はこちらから

 

一方、アイピルなどの緊急避妊薬の場合は成分量が多くなっています。

一度に大量のホルモンを摂取して体を妊娠しない状態に移行させる方法であるため、避妊に失敗した時でも緊急避妊を行えるというワケです。

当然、体に一気にホルモンを投与する形になるので、徐々に体を妊娠しない状態に移行させる低用量ピルと比べると非常に大きな負担を体に欠けることになります。

 

妊娠しないようにするという効果に違いはありませんが、そこにもっていくまでのプロセスが大きく違っているため、アイピルと低用量ピルでは副作用の現れやすさなどに違いが生まれます。

当然、徐々に体に慣れさせていく低用量ピルの方が体への負担は小さいので、副作用のリスクなども小さく、アイピルなどの緊急避妊薬は負担が大きく副作用のリスクも大きくなります。

しかし、避妊に失敗してからでも緊急避妊を行える唯一の手段であるため、アイピルなどの緊急避妊薬は利用されているわけです。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから