アイピルと低用量ピルの違いって?

アイピルと低用量ピルで効果自体は同じなら、わざわざアイピルを使わずに低用量ピルを使って避妊をすればいいのでは?

そんな風にも考えられます。

 

低用量ピルしかし、低用量ピルを用いて緊急避妊を行う事はできません。その理由となっているのが、アイピルと低用量ピルの違いにあります。

その違いというのが成分量の違いです。

低用量ピルは配合されている成分量が少なく、徐々に体のホルモンバランスを変化させて妊娠しない状態へと移行させていきます。

そのため、一定期間毎日ピルを服用した後に休薬期間と呼ばれるピルを飲まない期間を設けた後、ピルの継続服用を再開するといったことが必要になります。

 

毎日、ピルを飲んでいる時は問題ありませんが、間に休薬期間が入ることによってピルを服用する習慣を忘れてしまい、ピル服用の再開自体を忘れてしまうといったケースもあります。

そうした場合は、改めてピルを服用し始めて一定期間避妊効果が無い状態が続くようになるので注意が必要です。

低用量ピルの購入はこちら

さまざまな低用量ピル通販でも購入できる低用量ピルは、忘れることなく毎日飲み続ける必要があります。
ですが、アイピルに比べると副作用のリスクなどは小さくなるので、普段から低用量ピルを飲むようにして避妊を行うといったことも可能です。

特に、低用量ピルを用いた避妊は海外では当たり前のように行われており、全く避妊に使われていない日本は

避妊に対する意識が諸外国に比べると弱いといえる状況になっています。

今では、様々な種類の低用量ピルが登場しているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

低用量ピルの購入はこちらから

 

一方、アイピルなどの緊急避妊薬の場合は成分量が多くなっています。

一度に大量のホルモンを摂取して体を妊娠しない状態に移行させる方法であるため、避妊に失敗した時でも緊急避妊を行えるというワケです。

当然、体に一気にホルモンを投与する形になるので、徐々に体を妊娠しない状態に移行させる低用量ピルと比べると非常に大きな負担を体に欠けることになります。

 

妊娠しないようにするという効果に違いはありませんが、そこにもっていくまでのプロセスが大きく違っているため、アイピルと低用量ピルでは副作用の現れやすさなどに違いが生まれます。

当然、徐々に体に慣れさせていく低用量ピルの方が体への負担は小さいので、副作用のリスクなども小さく、アイピルなどの緊急避妊薬は負担が大きく副作用のリスクも大きくなります。

しかし、避妊に失敗してからでも緊急避妊を行える唯一の手段であるため、アイピルなどの緊急避妊薬は利用されているわけです。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル。

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう。

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから