アイピルを飲む前に!知っておきたい正しい服用方法

薬を飲む女性避妊をせずに性行為をしてしまった場合、避妊に失敗してしまった場合などに活用されるアイピル。

非常に高い避妊率のため、現在ではお守り代わりとして持ち歩く女性も多くいるようです。

しかし、どれだけ効果が高いと言われている薬でも正しく服用しなければ、その効能は得られません。

 

ここでは、これからアイピルを購入しようと考えている方のために正しいアイピルの服用方法について詳しくご紹介していきます。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから

 

アイピルはどうやって飲むの?

お水の画像アイピルは錠剤タイプの内服薬になります。

服用する際には水やぬるま湯と一緒に服用してください。その際、なるべくコップ1杯程度のたっぷりの水やぬるま湯と一緒に飲むことをおすすめします。

 

アフターピルの種類によっては時間を空けて2回服用しなければなりませんが、アイピルの場合は1錠で効果が得られますので1回のみの服用となります。

 

アイピルを服用するタイミング

アイピルの服用にはタイムリミットがあります。

というのも、排卵が行われてから着床するまでの期間は約6~7日と言われています。

ただ、アイピルを服用してもすぐに生理が来るわけではなく、生理が来るまでには2~3日かかりますので、72時間と決められています。

 

また、服用するタイミングによっても避妊の成功率は異なります。

性行為直後~12時間以内…99.5%

性行為後13~24時間以内…98.5%

性行為後25~36時間以内…98.2%

性行為後37~48時間以内…97.4%

性行為後49~60時間以内…96.9%

性行為後61~72時間以内…95.9%

 

このように、服用するタイミングが早いほど避妊の成功率は高まります。

また、一般的にはタイムリミットは72時間と言われていますが、72時間を超えても120時間(5日間)以内であれば避妊効果はあります。

ただし、避妊成功率は一気に下がり、成功できる可能性は60%前後となります。

 

アイピルを服用する際の注意

アイピルは高い避妊効果を発揮するお薬ですが、服用する際には注意が必要です。

飲み合わせの悪い薬や食品、服用できない方もいますので、知らずに服用すると健康に大きな影響が出てしまう恐れがあります。服用前にしっかりと抑えておきましょう。

 

服用してはいけない方

・アイピルの成分に対してアレルギー症状が出たことのある方

・重篤な肝障害がある方

・妊娠中の女性

 

慎重に服用する必要がある方

・肝臓に障害がある方

・心臓や腎臓の疾患がある方(既往歴を含む)

・授乳中の女性

 

飲み合わせが悪い薬

リファンピシン(結核薬)

フェノバルビタール・フェニトイン・カルバマゼピン(抗けいれん薬)

エファビレンツ・リトナビル(抗HIV薬)

これらの薬は肝臓の薬物代謝酵素を促進させる働きがあり、併用するとアイピルの効果が減弱してしまう可能性があります。

 

飲み合わせが悪い食品

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む食品

こちらを含む食品も肝臓の薬物代謝酵素を促進させる働きがあり、併用するとアイピルの効果が減弱してしまう可能性があります。

 

副作用が心配なときの服用

副作用を心配する女性アイピルはアフターピルの中で比較的副作用が少ないと言われており、全く副作用を感じない方も居ます。

しかし、なかにはアイピルを服用して辛い思いをしてきたという方も居ます。

実際に服用してみないと副作用が起こるかどうかわかりませんが、アイピルは一度に多量の女性ホルモンを摂取することとなるので、副作用が起こる可能性はゼロではありません

 

主な副作用は吐き気や頭痛、めまいなどが挙げられます。

実際に気持ち悪くなって嘔吐してしまった場合、薬の服用から時間が経過していなければ再度服用する必要があります。

そうならないためにも、副作用が心配な方はアイピル服用時に工夫をしましょう。

 

アイピル服用時、吐き気やむくみが心配な場合は酔い止め薬や吐き気止め薬、頭痛が心配な場合には頭痛薬を服用すると副作用を軽減できます

これらの薬はドラッグストアや薬局で購入できる市販薬で問題ありませんし、併用しても健康に影響出ることはありません。

 

また、空腹状態では副作用を感じやすいため、アイピルの服用前に軽めの食事をしておくことおすすめします。

 

服用したらあとは消退出血を待つだけ

待つ女性性行為後72時間以内にアイピルを服用すれば、あとは消退出血を待つだけとなります。

避妊できたかどうか確認する唯一の手段となりますので、出血が起こるまで緊張します。

消退出血といっても基本的には通常の生理の出血と変わりません

 

出血が起こるタイミングは排卵日によって異なりますが、アイピル服用後3~14日以内に起こることが多いです。人によっては通常の生理予定日前後に出血が起こることもあります。

そのため、あまり焦る必要はありませんが、生理予定日を1週間過ぎても出血がない場合には妊娠している可能性もありますので、妊娠検査薬の使用や病院で検査を受けるようにしましょう。

アイピルの購入はこちら

アイピルのパッケージ緊急避妊薬として、多くの人に利用されているアイピル

お守り代わりとして持っておくだけでも、役立ってくれます。

自分は大丈夫という気持ちで後で後悔することになる前に、持っておくようにしましょう

通販で購入する場合は、非常に安価で購入することができる為、ある程度まとめて購入しておくとより安心することができるでしょう。

ただし、まとめ買いを行う場合は、薬の使用期限などに気を使う必要があります。

 

アイピルの購入はこちらから