アイピルを最速で手に入れる通販について

アイピルの購入はこちらから
通販ユーザー 緊急避妊薬のアイピルは、避妊が間に合わなかった性行為の72時間以内に服用すると、高い確率で妊娠するのを防ぐことができます。

この72時間は妊娠が成立するまでのタイムリミットと考えられていますが、実は72時間を過ぎて服用しても、アイピルの避妊効果が働く可能性は十分あります。タイムリミットが過ぎたとしても、諦めず服用してみましょう。

しかし可能性があるとはいえ、タイムリミットまでに服用した時とタイムリミットを過ぎてから服用した時の避妊成功率にはかなりの違いが見られます。とにかく、できるだけ早く服用することが大切です。

そんな一刻を争う時にアイピルを最速で使用したい場合は、どのような手段をとるべきなのでしょうか。

アイピル通販を最速・最短で

通販ユーザーここではアイピルなどの緊急避妊薬を最短で手に入れる方法について、いくつか挙げていきます。

最速の通販サイトを探す

通販サイトの中でも、配送期間が短いサイトを探して利用しましょう。サイト内に配送期間についての記載があれば、それを参考に比較してみましょう。

配送期間がわからない、またもっと詳しい配送時間を知りたい場合は、通販サイトを運営している会社などに直接問い合わせをして聞いてみるのもいいでしょう。

基本的に親切な運営会社であれば、問い合わせに答えてくれることもあります。ただし、アイピル通販の運営会社とはあくまで注文の代行をしている存在なので、直接やりとりができたからといって配送期間を短くしてもらえるとは限りません。

アイピルをまとめ買いしておく

アイピルを購入する際、最初から何箱分かまとめ買いしておくという手段です。

アイピル通販は、病院の緊急避妊薬よりも安く販売されています。また購入数はある程度自分で自由に決められるので、いざというときに備えておきたい人にとっては利用しやすいのです。

定期的にまとめ買いして常にアイピルを持ち歩けるようにしておくと、いざという緊急時にも対処できる確率が上がります。

病院で処方してもらう

産婦人科で事情を説明すれば、迅速に緊急避妊薬を処方してもらえます。これは最も一般的で、確実ともいえる方法です。

産婦人科では、避妊に失敗した女性に向けてすぐ緊急避妊薬を処方できるように準備されています。診察時間内に受診すれば、その日のうちに緊急避妊薬が手に入るでしょう。

ただし、この方法を行うには診察時間内に産婦人科を受診することが必須条件です。病院に行く時間が確保できなかったり、また交通の事情などで病院にアクセスしづらかったり、さまざまな事情で産婦人科にできるだけ行きたくないという人もいるのではないでしょうか。

病院での処方は、避妊に失敗した性行為の直後の選択肢としては最善策かもしれません。病院には行きたくないという人も、緊急時の選択肢として覚えておきましょう。

病院の通販

中には、緊急避妊薬の通販を行っている産婦人科も見られています。これは日本国内にある産婦人科で行われています。オンラインで診察を行ってから緊急避妊薬を配送する、というように一度受診という形をとってから配送している病院がほとんどです。

この場合の通販は海外からの取り寄せではないので、ネットで注文をすれば即日発送してもらうことが可能です。安全性が高く、誰かに見られる心配もないので利用しやすい方法です。

しかし国内の病院の緊急避妊薬はアイピル通販より高く、診察代なども含めて10,000円前後の価格になることも珍しくありません。

緊急時の心強い味方ですが、それ相応の医療費が発生することを知っておきましょう。

たとえ最短でも注意が必要なアイピル通販

通販ユーザー中には、どんなに最短で行えたとしても利用を避けなければいけないアイピル通販があります。

国内の非公認通販

国内で処方される緊急避妊薬は、医師からの診察を受けてから処方されることが定められています。病院で行われる通販でオンライン診察が備えられているのは、このためです。

診察を通さず、病院からの販売でもない国内の通販で取り扱われるアイピルは、個人輸入以外では認められていません。

法律上に問題があると同時に、商品も偽物の可能性が考えられます。

転売から買い取る

アイピル通販のように、海外から購入した医薬品を転売するのは法律違反とみなされます。

しかし、個人が海外から購入したアイピルをネット上で転売している、という事例が多く見られています。特にTwitterなどのSNSを通して、アイピルを求めている人に売りつけたり譲ったりする人が跡を絶ちません。

SNSではやりとりや交渉成立が早く、手元に届くのも早いという魅力があります。しかし、交渉して本当に配送されるかどうかも曖昧な上に、商品が偽物という可能性も十分考えられます。

転売行為をする人はもちろんですが、転売だとわかっていながら買い取る行為も問題視されかねません。

医薬品の安全性と信頼性、そして法的な視点からも、転売からアイピルを入手するのは避けましょう。

アイピルの購入はこちらから